2011 2012 2013 2014前

10月29日水曜日「ありあわせとお久しぶり」

おげんきですか。私は元気です
気づけば10月ももう終わりですね
最低月二回は更新とはいったい・・・・・・
お気づきの方もいるかと思いますが、日記の仕様を変えました
ありあわせのレイアウトですけど
サイト全体としての統一感を出したかったからです。日記だけ白かったんですよね。目にいたかった。自分でも。
ユニモンとザンバモン(の馬)はしばしお休み。絵は表示したいので、後日復活はあるかも。ないかも。わからん。
とりあえず「絵」のページの方に置いときます

久々の日記で書くことはたくさんあるんですが、そういう気分なので
もろもろ置いといてデジモンアニメの話しましょうよー

この前っていうか昨日の夜ですけどね、みたんですよ
夜の都庁を

それでテイマーズを思い出してしまいまして
2クール目の最初、14話くらいですっけ。メガロとミヒラの戦いって。
結構好きでしたねあの話。テイマーズの中でも屈指かなぁ。物語的にもターニングポイントでしたしねぇ

テイマーズはわたくし、結構好きですね
放送当時、終盤のジュリが嫌だった感はありましたけどね。
今もなんですが、ああいうネガティブがあんまり理解できないので、
「なんでなんでねえねえなんでそうなるクル?」
ってなっちゃってたんですよねぇ

流石に今はまぁわからなくはないですけどねぇ。 あ、でも、もはやレオモンが死ぬのはお家芸なのでやっぱわからない

テイマーズの一番好きなところはデジモンと子供の関係の中に、大人の存在がどう介在するのかを描いたというところですね。
タカト、ルキ、ジェンの親子関係は元の関係から変わっていく過程を見せてくれたのかなと思います。
便利キャラのジェンの親父が登場回数多かった気はしますけど。

そういう意味で言えばリョウさんとケンタヒロカズ、そしてなによりジュリの親はもうちょっと欲しかったかも。
ジュリなんか、レオモンへの依存やレオモン喪失後の思いつめ方に至るまで、
やはり家庭でなにかしらの抑圧があった(親がそう意図したわけではないにしろ)のは関係してたわけですしねー
インプモンがジュリの親の思いも拳にのせることができたらもうすこし決着は早かったのかも?

と、書いてますが結構うろ覚えなんですけどね。
最後にテイマーズ見たの中学くらいかなぁ。またみようかな。BD出るんですっけ?どーだったかな

まぁとりあえずはこんなところで。


11月17日月曜日「自由っちゅう意味で楽」

今日の午後、というか昨日の日中(この日記を書いているのは17日になったところ)
簿記の試験受けてきました。
まぁ二級なので、普通に勉強してれば受かるところです。
普通に勉強してませんでしたけども、受かるといいなぁ(懇願)
ということで、試験も終わり楽になりました。でも卒論があります。でもまだ期限は先なのでしばらく遊び暮らします。


さて、最近のマイブーム(死語)ですが、

豚肩ロースブロックです!

何を言っているかわからねぇと思うが、最近のマイブームは豚肩ロースブロック!
これに尽きるといっても過言ではない。あと競馬とアニメ「サイコパス」。

もちろん、競馬とサイコパスについても語りたいことは大いにある。
しかし、今、私が語るべきは肩ロースブロックの扱いやすさだと、
豚肩ロースブロックを買うことにより享受できる便益だと考えた。
布教せねばなるまい。無知な民草に。

私は今までこま切れ安いしサイコーと思っていた。
うちの近くのスーパーでは、豚こま切れは、そう、いわばクラスの中では上から五番、しかし自分でも手が届く、手ごろな女子
切ってあるから楽
味付けもしやすい癖のない味
安めの値段
夜お店に行くといつも値引きしてある

しかしあるとき、手ごろすぎて、こま切れは売り切れてしまっていた時があった。

そこで、私は豚肩ロースブロック見つけてしまった。

グラム当たりの値段はまぁまぁ。しかしこま切れよりは多少高いくらい。
そして何より1パックの値段が高い。
正直私も、うーん、豚肉1パックに200~300もかけてらんねーよとは思った。

私は、普段200グラム程度一食で食べきってしまうから、
つまりは一食色々食材を使う中、肉だけで200円以上確定。となると他の物もろもろを含めた一食当たりの値段は・・・・・・?
と考えたら、
「おっけー。じゃあ吉野家いこう。朝吉野家昼すき屋夜松屋のローテな」となるのは目に見えている。

だが、そんなことを考えていたら気が付いたら家の台所でブロック肉を前に包丁を握っている私がいた。
今思えば、手に取った時点で深層心理、いや超無意識下で気づいていたのかもしれない。

ここで、こま切れの利点を思い出してもらいたい。そして、そこから逆にその欠点が見えてこないだろうか。
切ってあり、安い。
しかし、味付けしやすい癖のない味というのは、肉そのもののうまみが薄目で、火を通すと溶け出てしまうためだ。
つまりは淡白。どうしても味付けに頼らざるをえず、私の家ではいつも塩味か焼肉のたれ味になってしまう。
そして肉料理を味わっているのではなく、調味料と肉を味わっている気がしてきて、飽きる。

豚肩ロースは、肉自体の味を、火を多少通し過ぎても(おい)柔らかい食感を、肉を楽しむということを私に思い出させてくれた。
そう、例えるなら、普段休み時間はいつも図書館で過ごしているためあまりクラスの男子の目には留まっていないものの、
脱げばすごい系女子!素材は良い系女子!そんなかんじ!(だんだん雑になってきた)

なにより、ブロック肉というのが一番の利点である。
私は雑な性格ゆえ、肉のパックを一度あけると、正直面倒くさくなって全部ぶち込む主義だ。
しかしブロック肉の場合、ぶち込むには切らねばならぬ。そして肩ロースの場合スジがあって切るのもちょっとだけ面倒だ。
そう。面倒くさがりな私は大体買ってきたブロック肉の三分の一も切ればもう面倒くさくなってそれでおしまいにしてしまう!
つまり、切り刻まれた状態で売られた肉は一食で全部ぶち込んでしまうが、
ブロック肉なら同じ分量を三食にかけてくうことになる!

つまりブロック肉なら300円の物を買ってきても一食当たり100円になる。
これならファストフードにもかつる。
無知な民草でも、ここまで言えばわかるだろう。

豚肩ロースは好きな時に好きなだけ(性的な意味で)食べていいし、
こまぎれ(クラスで五番目女子)よりも実は具合が良い、
そして安い。

さあ、お前たち!
肉を食いに行こうか!




お前がものぐさなだけとか、料理しだいとか、そういう突っ込みは無しで。
これが僕の暮らしなので。あとこれを書いてる今シンヤテンソンなので。

まぁ、ようするに三食に分ければ食べ過ぎなくて済むし、こま切れより味付け薄くできるし、
安く上がるし最強じゃね?と思っただけのことです。あと同じ理論で鶏ならムネ肉最強。


でも、やっぱ食べたいときに食べたい肉を食べるのが一番だよね!あーももにくがうまい(上の文章全部台無し)




12月21日日曜日「卒論がおわらない」


昨日、自転車の荷台に猫の籠みたいな取り付けてでかいダンボール箱ぐらいの容量を確保してるバ・・・ご婦人がいた。
それを見て僕はやっぱババ・・・奥さんってのはこうでなくちゃなと思った。
こう、クリエイティブというか、工夫がスゲェっていうか
やっぱクンフー積んでるよ。特に田舎のお・・・ババァってのはさ。





戻る
inserted by FC2 system